サバ缶とボッコちゃん

青魚と短編小説をこよなく愛するコピーライターです。 ブログタイトルは時々変わります。

いちばん怖いホラー

 

さっき、ものすごく怖い映画を観ました。


CURVE

https://vimeo.com/221821296

(目がさめると主人公は絶対絶命の空間に配置されていた)

f:id:akubikkuri:20200617162114p:plain

 

これは、一見してもらうのが早いのですが、

たった10分と短いのに汗が滲み鼓動が速くなり直視できず、、、

心身にかなりダメージをくらいました。

(ここで中断してぜひ先に鑑賞を)

 

・・・

ホラー映画はわりと好きです。

わりと、というのはファンを公言するほど詳しくないけど、

話題作は大抵観るし怖そうだからと避けたりはしないレベル。

わたしの知る限り、ホラーのジャンルには

「ゾンビもの」「スプラッター(血糊が多い)」

「サイコ(人間心理が怖い)」「悪魔、儀式もの(エクソシスト

サスペリアやアリアスター監督関連等)」、

「コメディホラー」「不条理(なんか怖い)」

等々がありますが、

どれも楽しめるし、夜悪夢を見たりはしません。

 

ところが、冒頭の映画はものすごく怖かった…

レビューを読むと、私同様の感想もあるものの

そこまで恐怖におののいている人はそう多くない様子。

では、自分は何がそんなに怖かったのだろう?

少し考えてみました。

 

*閉所空間での逃げられない怖さ

*わけもわからず死ぬことへの怖さ

*すぐ諦めそうな自分への幻滅

*なんとかなるかもという微かな希望が浅はかと気づいている絶望

 

どれも「自分ごと化」?

つまり、「ゾンビがくる〜」とか「首が飛んで血がドバッ!」とか

「ストーカーが追ってくる!」「呪われる!」等なら

他人事のエンタメとして楽しめるものの、

このシチュエーションで自分ならどうする?

みたいな置き換え系になると、

体力や判断力に全く自信がないため

剥き出しの恐怖にゴリゴリ擦られるのだな…と思いました。

 

そうそう、以前観た、

倦怠期の夫婦が大人数のスキューバツアーで潜っているうちに

船に置いていかれて絶海でサメに囲まれる、という

映画(「オープン・ウォーター」。面白いです)も

ものすごく怖かった!

というのは、自分がかなづちで、

夫がXXしたら耐えられないから…(ネタバレ回避)。

 

つまり

*泳げない、体力ない

*閉所空間苦手

*生への執着心薄い

等々の自分の特質により、

「無理!」となるのが早いための恐怖だったのでしょう。

絵空事として見れないものが恐ろしいんですね。

 

というわけで、一番恐怖を感じるのは「絶体絶命もの」。

ホラー映画はともかくとして、

できれば死ぬまで、

 

絶体絶命状況には置かれたくないものです。

f:id:akubikkuri:20200617162647p:plain