サバ缶とボッコちゃん

青魚と短編小説をこよなく愛するコピーライターです。 ブログタイトルは時々変わります。

メルマガ、蚊柱のごとく

 

4月1日です。

話題に取りとめがなさすぎますが、

あまり考えると更新しなくなってしまうので

気にしないで書くことにします。

f:id:akubikkuri:20210401141544j:plain

 

先日とあるマーケティングのウェビナーに参加したら、

それ以降大量の案内メールやメルマガが届くようになりました。

主催の情報サービス会社は一つだったのですが、

どうやらそこから協力企業に個人データが提供された様子。

プライバシーポリシーには個人情報は提供先を前もって知らせる、

とあったのですが、はて。

それをしてもらった記憶がありません。

 

私の仕事は、新規または生まれ変わるブランドの

哲学を構築したり、魅力的な露出方法と表現を開発すること。

その際、目下&近未来の市場や世相くらいは把握しておきたい。

そのデータだけを頼りに企画することはまずありませんが、

基本ひとりで行っているので、

総合代理店のマーケやストラテジー部署のかわりに

外部スタッフとの連携や資料収集などで勉強を続けています。

これまでもいくつかウェビナーには参加していたのですが

ここまで大量に売り込みメールが来ることは初めてでした。

 

先の個人情報の扱いについては、

細かい約款を自分が見落としたのかも、ととりあえず抗議はせず、

大元の会社から情報を引き上げたことはもちろん、

脇が甘かったんだよとブツブツ言いながら

各メルマガを地道に「配信解除」し続けています。

中にはメルマガではなく担当者からの直メールで

解除できないし返信もする気になれない物もたくさんあり、

ちょっと困っています。

 

着信の中には名前を知っている会社もあったのですが、

この度のメルマガ攻勢で 思うのは、

一度うんざりしてしまうと

「ここには二度と近寄りたくない」と思ってしまうこと。

いくら「耳寄りな情報ありますよ!」と言われても、

これってめちゃくちゃイメージダウンです。。

 

情報取得と提供を商売にするのは今や常識なのかもしれませんが、

ワタボコリを(よくよく探せば金の粒が紛れてるかもしれないけど)

右から左に移しているようにしか私には見えず、

その会社の ’ワタボコリ客などどうでもいい’ というスタンスが見えすぎて

(経済原則的にはこの判断は正しいのかもだけど)、

ブランディングとしては下の下であると思った次第。

まあ、そのような会社から私のところへは

ブランディングの発注など逆立ちしてもきませんが。

 

そうそう、この鬱陶しさ何かに似てるな〜と思ったら。

暖かくなって近所の桜並木を散歩していたら、

もう「蚊柱」が立っていました。コレです。

うわっ、と手をパタパタして振り払ったのは言うまでもありません:)