サバ缶とボッコちゃん

青魚と短編小説をこよなく愛するコピーライターです。 ブログタイトルは時々変わります。

何せこの雪で

 

東京は久しぶりに大雪です。

積雪警報が出るのは2014年以来4年ぶりだそうで、

「積もってる」「電車止まってる」「早く帰ろう」と

ニュースもSNSももりあがっています。

誤解を恐れずに言えば、

困りつつも誰もが少々うれしそうではありませんか。

台風の時も同様ですが、ふわっと蔓延する

この高揚感はなんでしょう。

  

「やりたいのはやまやまですが今日は無理ですね。

何せこの雪で」。

今日は先生もクライアントも借金取りも文句言えないはず…

不可抗力を前に「胸を張ってあきらめる贅沢」、

この一時停止感が人々を解放するように思います。

逆に、悪天候でもないと忙しい日常や

退屈というルーティンから降りられない

私たちなのかもしれません。

(もちろん激甚災害は除きます)

 

最終的には大丈夫、が前提のワクワクや心配。

「コマッタコマッタ帰んなきゃ」と言い合う小さな贅沢。

ひかえめにもりあがるそんなひと時を大切に感じて、

今夜はそれを楽しもうと思いました。 

 

というわけで降雪最高潮のタイミングで郵便を出しに:)

 

f:id:akubikkuri:20180123114344j:plain

 

 

 

広告を非表示にする