読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サバ缶とボッコちゃん

青魚と短編小説をこよなく愛するコピーライターです。 ブログタイトルは時々変わります。

物陰からガッツポーズ

 

広告の仕事をしていると、

担当した商品には思いっきり情がうつります。

 

私の仕事は主には、

すでに売られている商品の立ち位置やメッセージを

時代や市場の動きに合わせてリフレッシュし、

新たに広告に仕立てるという作業ですが、

クライアント直で商品企画の一から入ることも多く、

MDから「今度こんなものを考えているのだけど」という相談をうけて

どんな風に市場に出すかを一緒に研究しながら、

こちらではアイデンティティとなる言葉やネーミングを考えます。

 

そうやって新しくなった子(商品やブランドです!)や

市場デビューした子(商品やブランドです!)のことは

ほんとうに可愛くてしかたありません。

 

先日、とあるヨーグルトをリニューアルする仕事があったのですが、

もちろんスーパーに行くたび売り場をチェック。

そうなると、商品の向きやらなにやら気になります。

横を向いているやつは全てきれいに正面向きに。

商品が少なくなっているとつい

「ちょっと〜減ってるんだけど〜在庫あんの?」的な顔で

店員さんを見たりしてしまいます。

 

ほぼ毎日陳列の向きを直していたら、警戒されたか

最近はきちんと置かれるようになりました。

結構売れてる感じだ…うれしいな〜。

でもきっとこれ、監視カメラにヨーグルトの向きを

(それも特定のブランドだけ)直す中年女として写ってるよね…

 

もちろん時々、2分や3分は売り場の隅に立って

買っていく人を観察していますよ。

手に取る人がいたら?

…それはもう小さくガッツポーズ!